料理

資格を取って手に職をつける|製菓学校で学ぶ未来の技術

専門的に学ぶ

パティシエ

お菓子を作ることが好きで、本格的に製菓を学びたい人は高校から専門的に学ぶことで、より夢に近づきます。学校によってカリキュラムや取り組みは変わるので探してみましょう。

スキルアップに繋がる

コーヒー

カフェの店員へ憧れ、バリスタとしての道へ進みたいと考える人もいるでしょう。ドリンクの提供だけではなく、店内の心地よい空間づくりや接客技術も必要です。専門学校なら基礎から学べます。

プロを目指す上で必要

パティシエ

お菓子づくりのプロとも言えるパティシエや菓子職人ですが、幼少期から憧れてプロになりたいと考えている人も多いです。プロの職人になるためにどういった資格や免許が必要なのかわからない人もいますが、パティシエなどのお菓子づくりのプロになるのに必要な資格はありません。基礎的な知識や技術があれば誰でも目指すことが可能なのです。ですが、より質の高い菓子づくりをするために持っておくべきものはあります。基本的なことからより高度な技術でお菓子づくりができる人を認定する、菓子製造技能士という資格と、技術のみならず食にとって必要な安全管理を重要視する、製菓衛生師の資格です。菓子製造技能士は洋菓子と和菓子に分かれて試験を行い、都道府県が実施する1級と2級があります。それぞれ受験資格があり、2級には2年以上、1級には7年以上の実務経験が必要になるのです。製菓衛生師は国家資格で、受験資格に必要な学歴を満たさないと受けることができません。それぞれ試験の内容や料金も異なるので、確認することが大切です。こういった製菓のプロを目指す上で取得するべき資格を、専門学校などで学べることができるので、プロの道を目指す人にとって良い環境でもあります。独学で勉強することも可能ですが、短期間でより実践的な場所で経験ができる専門学校に通うことで、スキルアップにもなるのです。自分に合った方法で製菓の勉強をし、必要な技術や知識を身に付けることで夢に近付けます。

知識と技術が必要な世界

寿司

生ものを中心とした食材を扱うプロとして、世界から愛される寿司職人ですが、必要な資格や免許はないので知識と経験が求められます。短期間で基礎知識や技術を学べる学校もあるので探してみましょう。